サービス内容

総合防災サービス

台風(高潮・高波)

検討内容・解析例

波浪推算

PDF

適用分野および特徴
  • 第3世代波浪推算モデル(SWAN)
  • 波浪作用密度スペクトル(作用密度平衡方程式)
  • 直交座標/球面座標に対応
  • 外洋から沿岸域まで多領域の接続計算(ネスティング)が可能
  • 外力となる風速場(台風)の作成には、様々な手法を適用可能
詳細
・外力となる風速場(台風)の作成手法
①2次元台風モデルによる推定風
②対象地点の観測風や客観解析データ(気象庁等)からの補間風
③各種メソ気象モデル(MM5等)による解析風

■考慮できる物理過程
・波の伝播、海底地形及び流れによる波の屈折、浅水変形
・風によるエネルギー入力
・白波砕波理論によるエネルギー消散
・海底摩擦によるエネルギー消散
・浅水砕波によるエネルギー散逸
・4波/3波共鳴非線形相互作用によるエネルギー輸送

高潮解析

PDF

適用分野および特徴
  • 線形長波モデル、非線形長波モデル等、各種解析モデルを適用可能
  • 外洋から沿岸域まで多領域の接続計算(ネスティング)が可能
  • 防潮施設の越流、陸上遡上および氾濫を計算可能
  • 外力となる風速場(台風)の作成には、様々な手法を適用可能
詳細
・外力となる風速場(台風)の作成手法
①2次元台風モデルによる推定風
②対象地点の観測風や客観解析データ(気象庁等)からの補間風
③各種メソ気象モデル(MM5等)による解析風

・解析結果より下記の検討・資料作成が可能
①施設の効果検討、被害額の算定
②高潮による氾濫・浸水想定区域図やハザードマップを作成
③CGアニメーションの作成

■考慮できる物理過程
・潮位変動、海水流動
・気圧低下による海面上昇(吸い上げ効果)
・強風による海水輸送(吹き寄せ効果)


PAGETOP