サービス内容

総合防災サービス

洪水氾濫

検討内容・解析例

洪水氾濫シミュレーション

PDF

適用分野および特徴
  • 浸水想定区域図作成:河道1次元、氾濫原2次元の一体モデルを用いた不定流計算(「氾濫シミュレーションマニュアル」に準拠)
  • 時系列的な氾濫原の拡散状況も把握でき、この結果を基に避難計画の立案等
  • 内水排除施設の問題点の把握ならびに対策施設評価:モデルを用いた解析(「流出解析モデル利活用マニュアル」に準拠)
  • 施設運用方法の違いによる被害発生状況や、経時的な浸水範囲の分布状況の把握
  • 洪水ハザードマップ作成:内・外水氾濫の数値シミュレーションを基に作成
詳細
・主には、内水氾濫、外水氾濫
・氾濫シミュレーションマニュアル:
 (独)土木研究所より公開
 「氾濫シミュレーション・マニュアル(案)」(1996年2月)

・流出解析モデル利活用マニュアル:
 (財)下水道新技術推進機構より
 公開の技術マニュアル(2005年)

洪水予測システム

PDF

適用分野および特徴
  • 降雨観測および予測データと河川の観測水位をもとに、洪水予測シミュレーションを行い、河川氾濫や堤防を溢水した場合の氾濫計算を行い、浸水範囲および浸水深を算出する。
詳細
・氾濫実績のシミュレーションによる再現計算による氾濫原モデルの検証を実施。

・観測雨量および予測雨量の自動取得。

・氾濫原モデルは、内水氾濫を考慮したモデルや、非構造格子モデルにも対応。


PAGETOP