サービス内容

解析技術サービス

波浪推算

検討内容・解析例

2次元台風モデルによる推算風作成

PDF

適用分野および特徴
  • 波浪推算用の推算風作成
  • 台風の外側の気圧分布を考慮し、傾度風の計算も可能(傾度風・台風ハイブリッドモデル)
  • MASCONモデルの併用により、地形の影響を考慮することが可能
詳細
・天気図の等圧線デジタル化

気象モデルによる推算風作成

PDF

適用分野および特徴
  • 気象モデルMM5を使用
  • 気象庁MSMを用いた4次元データ同化手法
  • 気象庁ベストトラックを使用し、台風来襲時の気象場を再現
詳細
評価項目:
風速、海面更正気圧、気温、湿度、雨量、水蒸気混合比、長波・短波放射、潜熱・顕熱フラックス

波浪推算(SWAN、WAMモデル)

PDF

適用分野および特徴
  • 第3世代波浪推算モデル
  • 波浪作用密度スペクトル(作用密度平衡方程式)
  • 直交座標(SWAN)/球面座標
  • 1方向ネスティング可能
  • 峡領域計算が可能(SWAN)
詳細
【物理過程】
・波の伝播
・海底地形及び流れによる波の屈折
・浅水変形
・風によるエネルギー入力
・白波砕波理論によるエネルギー消散
・海底摩擦によるエネルギー消散
・浅水砕波によるエネルギー散逸(SWN)
・4波(SWAN)/3波共鳴非線形
 相互作用によるエネルギー輸送

■入力条件:
海上10m風、水深データ
(※流れ、水位の平面データ(SWAN))



PAGETOP