サービス内容

解析技術サービス

1次元河床変動解析

検討内容・解析例

一次元河床変動解析(河道区間)

PDF

適用分野および特徴
  • 河床高・堆積量・通過土砂量等の出力。
  • 横断構造物・急勾配部の検討も可能。
  • 河床材料の交換による粒度分布変化検討。
  • 非平衡流砂量式により浮遊砂も考慮。
詳細
■解析に必要なデータ
・地形についてのデータ(平面、縦断、横断)
・流量・水位についてのデータ(計画流量、実績流量、実績水位)
・河床材料、山腹材料についての
 データ(粒度分布)

■関連項目
・ダムの堆砂予測と堆砂対策検討
・スリットダム・穴あきダム効果検討
・床固工群の効果検討
・置土流下の検討
・一流域の土砂動態の検討

一次元河床変動解析(ダム堆砂検討)

PDF

適用分野および特徴
  • ダム湖内の流況、堆砂、濁度変化を計算可能。
  • 流入・放流土砂量の検討が可能。
  • 河床材料の粒度変化の検討が可能。
  • 浚渫、貯砂ダム、排砂バイパス、置き土、湖内移送、埋立等の種々の堆砂処理を考慮可能。
詳細
・掃流砂、浮遊砂、ウォッシュロードの3つの移動形態を考慮可能。
・交換層、遷移層、堆積層の概念を導入した多層モデルにより、河床材料の鉛直変化を計算。
・貯水容量の変化についても計算結果より算出可能。

一次元河床変動解析(スリットダム、穴あきダム等の効果検討)

PDF

適用分野および特徴
  • スリットダム、穴あきダム、床固工群等が存在する区間での河床変動計算
  • スリットダム、穴あきダム等の土砂調節効果(ダム上流区間での土砂捕捉効果)の検討
  • 床固工群の洗掘防止効果の検討
詳細
■主な結果図
・河床縦断形状の変化(左図)
・調節量(左図)
・代表地点の通過土砂量時間変化
・土砂収支図

一次元河床変動解析(置土流下の検討)

PDF

適用分野および特徴
  • ダム下流河道への置土の検討
  • 置土の侵食・流下の計算
  • 下流地点の河床上昇、粒度の変化等を予測
  • 藻類剥離の効果の検討
詳細
■主な結果図
・河床上昇量の縦断変化(左図)
・粒径別堆積量の縦断変化(左図)
・代表地点の通過土砂量、堆積土砂量、粒度分布等の時間変化


PAGETOP